二ノ舞研究室

主にG'sのネタバレと体格解析を行っているブログです

G'sのネタバレ(2020年11月号)

表紙→ニジガクの歩夢とせつ菜

内容→何気にキャラクター専門誌になってからは初の2ショット表紙だったりする。その上で特集はこの2人がメインではあるが、実質的なメインはやはりアニメ情報だと思う。今期から始まるので見たい人は要チェックといったところ。
次にしょにおやに関しては今号で1周年を迎えたようだ。そして3人目のおやすみガールが来月からデビューするようだ。シルエットを見る限りではどうも3人中最年少になりそうな気がする。
後はやはり秋アニメの開始時期ということもあってアニメ特集が組まれているようだ。今年はコロナの影響で春アニメと夏アニメがかなり規模縮小してしまったので秋がかなりのラッシュ状態になっていたりする。
のでこの秋はよほどのことがない限りはかなりの豊作シーズンになりそうな気がする。
最後にシスラビに関しては妹たちのプロフィールが公開されたようだ。こうしてみるとやはりこの企画はシスプリとストパ二のハイブリッドのような感じがする。

G'sのネタバレ(2020年10月号)

表紙→ニジガクのかすみ

内容→表紙通りニジガクのかすみがメイン。そしてこのことはラブライブが第三世代に移行したということの証かと。
もっとも第四世代(スーパースター)も開始しつつあるので第三世代(ニジガク)がメインとなる期間は短めになりそう。
ちなみにニジガクはラブライブ史上初の2桁メンバー体制(10人体制)になるようだ。なのでμ'sやAqoursとは違い学年で3人ずつという法則は崩れることに…(←具体的には1年生が4人に…)。
なお後でニジガクの体格解析の修正版を上げる予定だったり。そしてこのことはスーパースターの最終人数が10人を超える可能性を示唆することに…(←加えて言えば最終人数が偶数人になる可能性も…)。
後シスラビは新姉妹体制下におけるノベルが開始することに。ちなみに涼香の今度の妹たちはともにスカート丈は涼香と同じミニ丈のようだ。その意味では姉妹おそろいの制服姿といえそう。
その意味では二学期のストーリーに対しては個人的には結構期待している部分があったり…(←お互い相性が良さそうに思えるしね)。

G'sのネタバレ(2020年9月号)

表紙→宇崎ちゃんは遊びたい!の宇崎花

内容→表紙通り宇崎ちゃんは遊びたい!の宇崎ちゃんがメイン。なお彼女は大学生であるがゆえに私服姿のバリエーションが豊かだったりする
(←この手の作品にありがちな高校設定だとどうしても制服がメインになるために私服のレパートリーは乏しくなりがちだったり)。
ラブライブ!特集に関しては新作のスーパースター!!がメインだったり。最もラブライブ!!は今は専門誌であるLove Live! DaysがホームでG'sはある意味アウェイになっているから全体の記事自体はさほど多くはなかったり。
それと今更ながらしょにおや!の主人公の年齢だけどどうやら20代前半のような気がする。というのも癒衣さんが先輩なんだけど彼女どうみても30前だとは思うんだよね。まあ若造りしている可能性もなくはないけど…。
最後にシスラビに関しては妹が変更することに。今度は汐音と千紗都が妹に…。

かけぬけ★青春スパーキング!の体格解析

名前 身長 3サイズ 推定カップ 推定市販サイズ
小日向響 155 87/57/81 F 65F
鹿島理々 162 91/55/84 G 65G
柊栞里 146 72/51/75 B 60B
海堂凪子 156 83/56/85 D 65D
橘花 153 82/53/79 E 60E
遠野律 148 70/54/77 AA 60A

あとがき
第159回目はSAGA PLANETSの次回作にあたる青春をテーマにしたゲームであるかけぬけ★青春酢パーキング!の体格解析です。で解析結果ですが後輩3人がアンダー60で同級生/先輩3人がアンダー65と綺麗に分かれました。
なお凪子先輩と橘花は胸の大きさそのものは同じだったりします(65D=60Eのため)。

G'sのネタバレ(2020年8月号)

表紙→超電磁砲の美琴

内容→表紙通り超電磁砲の美琴がメイン。なおこの美琴の恰好は冬服のようだ。ちなみに冬服の方は紺ハイソックスだったりする(←いつものおなじみルーズソックスではなくて)。
後しょにおやは今回は癒衣さんがメインパーソナリティだったりする。なお服装に関してはボトムに関しては甘恵ちゃんと傾向は似ていて

服装 甘恵 癒衣
制服/仕事着 ミニ 膝上タイト
パジャマ ショートパンツ 同左
私服 膝下 膝丈

だったりする。
他にはKeyの新作アニメの発表もあってタイトルは神様になった日だったりする。これは10月から放送開始するようだ。
なおシスラビは今回はパジャマパーティーの話だけど、これは密かにランジェリーパーティーなのではと思ったり(←恰好が何故かベビードールだしね)。

G'sのネタバレ(2020年7月号)

表紙→SAOのキリト

内容→G'sでは非常に珍しい男性キャラが表紙に。加えてメイン特集も男性キャラであるキリト特集だったりする。なのでアニメイトで買いに行くときにすぐに見つけられなかったりする。
ラブライブ!に関しては衰退したわけではなくてG'sから半独立したというのが正解だったようだ。つまりラブライブ!は別誌のLave Live! Daysにメインの場を移していたり。
とはいうものの本誌においても新シリーズの紹介はあった。まあ自分はこれは別誌の方ですでに見たけどね。
後はシスプリ20周年企画が特集として組まれていて今回は霧賀ユキさんが12妹のイラストを描き下ろしてくれていたり。ちなみに霧賀さんは全属性のようだ。
一方でラブライブ!が半独立した関係でG'sの読参の主力はシスラビの方になった。個人的にはラブライブ!とはまた違った古き良きタイプの読参なので頑張ってほしいところかと。

G'sのネタバレ(2020年6月号)

始めに
今日仕事帰りにG'sを買いに行こうとしたけど、いつも買っているアニメイトは休業中の上に多くの本屋が短縮営業のために仕事帰りでは間に合わない状況に襲われた。
色々調べた結果tsutaya北仙台店が短縮営業ながら22:00までは開いていてくれたので何とか当日購入ができた。
これもコロナの影響なのだろうけどそれはさておきネタバレに行く

表紙→SAOのアスナ

内容→タイトル通りSAOのアスナ特集がメイン。何気に32Pも使っていたり。まあこれはタイトル通りではあるのだが問題は第二特集で今月号はシスラビ特集だった。
ちなみに第三特集がシスプリなのでその意味ではG'sは再び妹ものに力を入れる方向に向かいそうだ。
一方でラブライブに関しては今月号もやはりページ数が少ない…。ただ新シリーズはやるようだしまだまだ終わりそうにはないけど…。
後しょにおやに関しては癒衣(ゆい)という2人目のおやすみガールズが発表された。こちらは大人のお姉さんらしい。